スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ルー様はメイドがお好き?

2009/09/06 Sun 19:42

ルー坊やは、トゥルーズ家の次男坊。
学生時代は本屋の店員、スーパーのレジ打ち、果ては霊廟の墓守(この仕事が一番合ってたような気がする。)
学校を卒業すると、スポーツキャリア、警察キャリア、軍事キャリアと職を転々と替えいました。まさに自由人…というか、器用貧乏?

それもそのハズ、彼の生涯の願望が「器用貧乏」でしたから。
4つのキャリアでレベル5まで行くというものでした。

そして、現在。彼が辿り着いた職業が、犯罪キャリア。
スリから始まったこの職業…一体このまま、彼はどうなってしまうんだろうか…
というか、面白そうという理由だけで、わざとルー坊やに「悪い」「卑劣」の素質を付けたんだけどね!

このシムはいちいち、周りの人間をビックリさせたり、子供からキャンディを盗んで泣かせたり、結構笑える行動をとります。マイナスな素質つけるって、オモシロイんだね!!ww

しかも加えて「誘惑的」「子供嫌い」…なんだか、本当に破天荒な道を進みそうなシムです。

さてさてさて…そんなルー坊やの生活をのぞいてみるとしませうか。うぇっへっへ(f#´∀`)f
トゥルーズ家では、メイドさんを雇っています。誰も掃除しないんだもん(笑)
そのメイドの一人、マキシン・ヤングブラッドをフリーで仕切りに誘惑していたルー坊や。
そろそろロマンスが必要なお年頃のようです。

えぇ?メイドかぁ…たしかに、シムズのメイド服ってセクシィだもんな…
ルーがあのお尻を狙うのも仕方ないか…

と、つぶやきながら、なんだか面白くなってきたので、ウフフをさせてみることに。
なんだ、結構マキシンも乗り気だったのね。

001ルーとマキシン

ウフフアハハとベッドの中で楽しそうなコトをしています。
いいなぁ、オイラも混ぜてくれよ。(ォィ)

さて、やるコト済ませて(実はこの後、絶倫かっちゅーくらい何回もウフフなコトをしていました)マキシンとルーがめでたく恋人関係になりました。

メイドと付き合う事が気に入らないのか、いえ、きっと息子の恋人が気に入らないんでしょうね…鬼母アドリアナがルーの部屋のある2階に上がってきました。
そして、ルーの部屋の前でじっとしているので、なにかなぁ?と思ってしばらくフリーで見ていると…

002マキシンと鬼母

アドリアナ「ちょっとアンタ!うちの息子を狙っているようだケド、そんな尻軽女はお断りだよ!早く出てってちょうだい!」

マキシン「お言葉ですけど、トゥルーズ夫人。誘ってきたのはあなたの息子さんよ!?」

アドリアナ「んまぁ~ッ!なんて失礼な人でしょっあんたなんてクビよ!クビクビ!今後一切、トゥルーズ家の敷居を跨がないでチョウダイな!」

マキシン「カッチーン!この家の敷居どころか、あんたの息子だってまたぎゃしないわよッ」

なんとマキシンにケンカを売っていました。
息子の恋人がどうも気になるようです。ムード窓には、「失礼なゲスト」と表示されてるし…アドリアナママは相当このメイドが気に入らないご様子ww

それか、確認しなかったので判らなかったケド、マキシンが「非常識」なシムだったのかも知れません。盗み癖があったみたいだケド…というか、このメイドさんたちって、なんでみんな「盗み癖がある」がついてるんだろう…?w

ところで、画面右上で、ルーはこの状況を無視して平然とシャワーを浴びています。
ホントに自由なシムだな。

003マキシンと鬼母

アドリアナ「キーッ!!なんてお下品なんでしょ!こうしてやるこうしてやるッ」
マキシン「キャッー!やめてっ髪を引っ張らないでよ!」

004オルガとニコレッタ

なんだか部屋の外が騒がしいようですが、双子のオルガとニコレッタは仲良くお人形遊びをしていました。子供には関係ないよね。むしろ、そんなドロドロした世界は見せたくないです。
ちなみにこの子たちは、ルーの兄エミリオとゼルダ・メイの子供達です。

これから、この鬼母の行動はおもしくなりそうな予感…w

余談ですが…、ケンカを売り始めたのは実はフリーウィルでした。
その後の、色んな口論は私が「意地悪」コマンドで指示したものですよw
フリーウィルでまずケンカ売るって、よっぽど息子愛が強いのか…なんでしょう?こういうことってあるのかな(笑)
スポンサーサイト
The Sims 3 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。